クリニックとエステの違い

クリニックとエステで行われる脱毛の違いとは?

 

自己処理以外での脱毛は、医療機関であるクリニックエステティックサロンでプロに頼む方法がありますが、二つの違いとはどういったものなんでしょうか?

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

痛み 費用 効果
クリニックでの脱毛

×




エステでの脱毛




 

医療機関クリニックの脱毛方法とは?

クリニックで行われている脱毛法は@医療レーザー A電気(針)脱毛です。
レーザー脱毛は一昔前まではエステティックサロンでも使われていたのですが、現在ではレーザー脱毛は医療行為と厚生労働省が決めています。
針(電気)脱毛は今でも数少ないエステティックサロン(TBC等)で行っているところもありますが、医療機関の針脱毛は絶縁針という医療機関でしか使用できない強い電流を流すことができる脱毛機器を使用していて、資格がある人だけ行うことができます。

 

エステティックサロンの脱毛方法とは?

脱毛エステで行われている脱毛法はA電気(針)脱毛A光脱毛です。
脱毛エステでできる針(電気)脱毛は、美容電気脱毛といったニードル針を使用した脱毛法で、医療機関でできる電気脱毛よりも、さらに痛みが強く肌ダメージも大きいです。資格もいらないのでスタッフによって技術力の差があり、肌が傷つく恐れもあります。
その為現在はほとんどのエステサロンで光(フラッシュ)脱毛が主流になっていますが、それでもまだ脱毛エステで針脱毛を行っているお店があるのも事実です。理由は圧倒的に高い脱毛効果があるからです。
光脱毛は電気脱毛やレーザー脱毛に比べると即効性は期待できませんが、繰り返すことにより永久脱毛と近い効果を得ることはできます。費用も安く痛みも少ないので、ある程度の効果を感じるまではエステで脱毛を終えて、残りのムダ毛をクリニックで脱毛する人も多いようです。

 

 

 


このページの先頭へ戻る