自己処理脱毛

自分で脱毛する方法

 

自己処理による脱毛方法

 

医療機関のクリニックや脱毛エステでプロに頼む以外に脱毛する方法は自己処理による脱毛です。

 

自己処理による脱毛は、一時的に毛をなくすだけのものなので、脱毛とは言えず、正しくは除毛になります。
自己処理による除毛方法はいくつかあります。

 

ムダ毛の色を薄くする ムダ毛を薄くする ムダ毛を剃る ムダ毛を抜く

脱色剤

除毛クリーム

カミソリ・シェーバー

毛抜き・テープ

ワックス・電気脱毛器

 

自己処理のメリット・デメリット

自己処理による除毛のメリット

 

・費用がかからない
プロに頼んで何万〜何十万の費用がかかるのに比べて、
自己処理の除毛は費用をとても安く抑えることができます。
・気軽に脱毛ができる
エステサロンやクリニックに出向かわなくてもお家でいつでも好きな時にお手軽に処理できる。

 

なんといっても安い費用でお手軽にいつでも脱毛できるのが自己処理の最大のポイントです。
でもまぁ、メリットといえばこれくらいです。

 

自己処理による除毛のデメリット

 

・永久性は全くない
自己処理による脱毛は一時的に毛をなくすだけなので、一生続けていかなければなりません。表面の毛をなくしてもすぐにまた生えてきます。
・トラブルが多い
自己処理を繰り返していると、肌荒れや色素沈着なんてことはざらにありますが、炎症も起こしかねません。ワキなど手の届くところはいいですが、背中などは誰かにやってもらわなければできませんし、VIOなどのデリケートゾーンは得に注意しないと危険な部位なのでプロに任せるのが一番です。

 

 

 

自分で脱毛する記事一覧

ムダ毛を剃る

カミソリ・電動シェーバーでムダ毛を剃る方法す。皮膚表面に出てる毛をカミソリ・シェーバーで剃ることで除毛する方法。費用も安く気軽にできますが、すぐに生えてくるので頻繁に繰り返すことで、色素沈着やぶつぶつ肌などの肌トラブルが起きやすいです。脱毛エステに通い中の自己処理は、抜くのはダメなので剃るのですが、カミソリは肌ダメージが大きいので、シェーバーをオススメします。カミソリシェーバー皮膚表面にでてる毛を剃る方法。【カミソリの特徴】・肌への負担が大きい・繰り返すことで色素沈着や毛穴が目立つ費用痛み長持ち度肌トラブル◎〇××皮膚表面にでてる毛を剃る方法。【シェーバーの特徴】・カミソリよりも安全性が高い・...
続きはコチラ

ムダ毛を抜く

毛抜き・脱毛テープ・ワックス・電気脱毛器などを使用してムダ毛を抜く方法があります。お手軽に除毛することができますが、自己処理の中でも「抜く」ことは痛みが強く、肌への負担も大きい為、肌トラブルを起こしやすいのでオススメしません。脱毛エステに通い中は、ほとんどのサロンで毛抜きなどで毛根から毛を抜く自己処理は禁止なので注意しましょう。毛抜きテープ毛抜きで1つ1つ毛を抜いていく方法。圧倒的にデメリットが多い。自己処理の中でも肌への負担が一番大きいのでやめましょう。【毛抜きの特徴】・一本一本抜いていくので、時間がかかる・肌へのダメージが大きく肌トラブルが起きやすい・埋没毛ができやすい費用痛み長持ち度◎×...
続きはコチラ

ムダ毛の色を薄くする

脱毛や除毛とは違って、毛を脱色することで目立たなくさせる方法です。脱色された毛は薄い金髪になり、毛が1本もないツルツルの肌より自然な雰囲気の仕上がりになります。しかし、薬品を肌に直接塗るので、肌への負担が大きくアレルギーやかぶれ、肌荒れなどが起こる可能性があります。脱色クリーム脱色したい部分に塗り、毛を脱色して薄くすることで目立たなくさせる方法。【除毛クリームの特徴】・一度に広範囲を処理できる。・痛みがない・化学薬品を使用するのでアレルギ、かぶれ、肌荒れの原因になることがある。・臭いがきつい商品もある・1か月程度もつが、黒い毛が伸びてくると不自然になる。費用痛み長持ち度肌トラブル〇◎▲×tab...
続きはコチラ

ムダ毛を溶かす

皮膚表面に出ている毛を薬品で溶かす方法。除毛クリーム脱毛したい部分に塗り、何分か置いたあと、浮いてきた毛をふき取るかぬるま湯で流して皮膚表面に見えるムダ毛を溶かす方法。【除毛クリームの特徴】・毛を溶かすので毛が生えてきたときチクチクしない。・肌の弱い人は肌荒れやかぶれ、アレルギーが起こることがある。費用痛み長持ち度肌トラブル▲〇×▲table.drqfrt{table-layout:fixed;border-collapse: collapse;}table.drqfrt td{padding:6px;background-color:#FFFFFF;}table.drqfrt th.colh...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る